税金一口メモ

財産評価 従業員社宅の敷地の評価
貸家建付地とは、貸家の敷地の用に供されている宅地をいい、自用地の評価額よりも低く評価されます。
 この貸家建付地評価をする宅地は、借屋権の目的となっている家屋の敷地の用に供さている宅地をいいます。
 この点、従業員社宅は、社員の福利厚生施設として設けられているもので、通常の家屋の賃貸借と異なり賃料が低廉であるなどその使用関係は従業員の身分を保有する期間に限られる特殊の契約関係であることから、一般的に借地借家法は適用されません。そのため、社宅の敷地の用に供されている宅地については、貸家建付地の評価は行わず、自用地として評価することになりました。